新法と旧法について

借地借家法は土地の所有者と借主が契約を結び、借主が建てた住宅の所有権や、契約期間までの土地の利用を認めるなど、何かと不利になりやすい借主の生活と財産を保証するために作られた法律です。
実際この法律によって多くの方が安定した生活を送れるようになりましたが、昔は法律の内容が借主に対して非常に甘かったそうで、うまく法律を利用することで土地の貸主の立場が非常に弱くなってしまうこともありました。
そうした事態を防ぐために、つい最近まで法律改正が行われており、今後も法律の内容は変わっていくかもしれません。

借地借家法の改正は複数回行われており、最も新しい改正は平成4年に行われました。
改正の理由としては、旧法では地代滞納や借地権の存続期間の経過などが行われていても、土地の貸主が借地を取り返せなかったかったため、貸し渋りによる土地の流動性が失われるなどの問題点が浮上したことから、新たに借地権の存続期間の設定を明確化したり、条件によって借地の解除が可能となるなど、様々な点が改正されました。
こうした変化によってより公正な形で土地の運用が出来るようになりましたが、今後も新たな問題点が浮上すれば、別の改正が行われることでしょう。

借地借家法の変化は、土地の契約にも大きく影響します。
例えば旧法の段階で契約されている土地の場合は、更新によって旧法から新法への切り替わりは行われず、新たに契約しなおすことで新法を適用することが出来ます。
遺産相続などで借家権が自分に移ったときなどは、その契約がいつのものか確認することを忘れないようにしてください。