借地借家法とは何か

土地や建物といった重要な資産の管理の方法は、様々な法律によって定められています。
そのため民法には数多くの土地や建物に関する法律が存在し、様々な条件に対応しています。
そんな数ある法律の一つが借家借家法と呼ばれる法律で、この法律では土地を借りて建物を建てた際に発生する建物の資産価値や、建物を建てた後の土地の所有者の権限などを明確にするために作られました。
自分がどちらの立場に立っても、法律についての知識は必ず必要となるので、いざ必要となったときのためにも基礎的な知識くらいは持っておいて損は無いでしょう。

借地借家法では、土地を所有していない方が建物を所有した際、その建物に対しての資産価値を見出すとともに、土地の持主が自由な立ち退き命令などを行えぬよう、明確な契約期間を設定して、その間の土地の利用を認めることを義務付けるなどの効力を持っています。
契約内容については複数の方法を選択することが出来るので、細かい契約内容は変わりますが、少なくとも30年の存続期間を設けるなど、何かと不利になりがちな借主が安心して生活したり、資産運用が行えるように考慮しています。

借地借家法は様々な条件が入り混じり、借主と貸主のパワーバランスが簡単に変化してしまうため、その都度バランスを調整するための制度が導入されるなど、現在に至るまで様々な形に変化しています。
当サイトでは借地借家法についての基礎的な情報を掲載しているので、これを足がかりにより深い情報を学んでいってください。