借地借家法の必要性

実際に自分の手に土地や住宅がないとその必要性にぴんとこないのが、不動産関連の法律ですが、借地借家法についても、その必要性がわからないという方は少なからずいるのではないでしょうか。
借地借家法は元々は土地を借りる側を保護するために作られたという側面があり、この法律が無いと建物という重要な財産を所有しているにもかかわらず、その資産を手放さなければならない事態に簡単に陥るようになってしまいます。

借地借家法の対象となるのは土地を所有している側と土地を借りて建物を建てようとする側となりますが、やはり土地を所有している側のほうが経済的にも有利な方が多く、立場も弱くなりやすくならざるを得ませんでした。
そのため借地借家法では、土地を借りた上で住宅を建てて住む場合に限り、契約年数までの間は土地の利用と住宅の所有が認められ、その間は土地の貸主は自分の都合で立ち退きを命じることが不可能となります。

借地借家法は様々な条件で発生する権利などが変わるので、全て理解しようとするとそれなりの知識と時間が必要となります。
そのため本格的な手続きや法律トラブルの解決に関しては、専門の業者や弁護士を通して行うことが多いのですが、基礎的な知識を知っているかどうかで、自分が置かれた状況への理解度も変わってくるので、借地借家法が必要な状況に置かれたときは、すぐにでも勉強を始めるのをおススメします。

関連リンク⇒http://www.syakuchi-soudan.com/syakuchiken.html
借地借家法に精通した専門スタッフに相談できる「借地権 無料相談ドットコム」