新法と旧法について

借地借家法は土地の所有者と借主が契約を結び、借主が建てた住宅の所有権や、契約期間までの土地の利用を認めるなど、何かと不利になりやすい借主の生活と財産を保証するために作られた法律です。
実際この法律によって多くの方が安定した生活を送れるようになりましたが、昔は法律の内容が借主に対して非常に甘かったそうで、うまく法律を利用することで土地の貸主の立場が非常に弱くなってしまうこともありました。
そうした事態を防ぐために、つい最近まで法律改正が行われており、今後も法律の内容は変わっていくかもしれません。

借地借家法の改正は複数回行われており、最も新しい改正は平成4年に行われました。
改正の理由としては、旧法では地代滞納や借地権の存続期間の経過などが行われていても、土地の貸主が借地を取り返せなかったかったため、貸し渋りによる土地の流動性が失われるなどの問題点が浮上したことから、新たに借地権の存続期間の設定を明確化したり、条件によって借地の解除が可能となるなど、様々な点が改正されました。
こうした変化によってより公正な形で土地の運用が出来るようになりましたが、今後も新たな問題点が浮上すれば、別の改正が行われることでしょう。

借地借家法の変化は、土地の契約にも大きく影響します。
例えば旧法の段階で契約されている土地の場合は、更新によって旧法から新法への切り替わりは行われず、新たに契約しなおすことで新法を適用することが出来ます。
遺産相続などで借家権が自分に移ったときなどは、その契約がいつのものか確認することを忘れないようにしてください。

借地借家法の必要性

実際に自分の手に土地や住宅がないとその必要性にぴんとこないのが、不動産関連の法律ですが、借地借家法についても、その必要性がわからないという方は少なからずいるのではないでしょうか。
借地借家法は元々は土地を借りる側を保護するために作られたという側面があり、この法律が無いと建物という重要な財産を所有しているにもかかわらず、その資産を手放さなければならない事態に簡単に陥るようになってしまいます。

借地借家法の対象となるのは土地を所有している側と土地を借りて建物を建てようとする側となりますが、やはり土地を所有している側のほうが経済的にも有利な方が多く、立場も弱くなりやすくならざるを得ませんでした。
そのため借地借家法では、土地を借りた上で住宅を建てて住む場合に限り、契約年数までの間は土地の利用と住宅の所有が認められ、その間は土地の貸主は自分の都合で立ち退きを命じることが不可能となります。

借地借家法は様々な条件で発生する権利などが変わるので、全て理解しようとするとそれなりの知識と時間が必要となります。
そのため本格的な手続きや法律トラブルの解決に関しては、専門の業者や弁護士を通して行うことが多いのですが、基礎的な知識を知っているかどうかで、自分が置かれた状況への理解度も変わってくるので、借地借家法が必要な状況に置かれたときは、すぐにでも勉強を始めるのをおススメします。

関連リンク⇒http://www.syakuchi-soudan.com/syakuchiken.html
借地借家法に精通した専門スタッフに相談できる「借地権 無料相談ドットコム」

借地借家法とは何か

土地や建物といった重要な資産の管理の方法は、様々な法律によって定められています。
そのため民法には数多くの土地や建物に関する法律が存在し、様々な条件に対応しています。
そんな数ある法律の一つが借家借家法と呼ばれる法律で、この法律では土地を借りて建物を建てた際に発生する建物の資産価値や、建物を建てた後の土地の所有者の権限などを明確にするために作られました。
自分がどちらの立場に立っても、法律についての知識は必ず必要となるので、いざ必要となったときのためにも基礎的な知識くらいは持っておいて損は無いでしょう。

借地借家法では、土地を所有していない方が建物を所有した際、その建物に対しての資産価値を見出すとともに、土地の持主が自由な立ち退き命令などを行えぬよう、明確な契約期間を設定して、その間の土地の利用を認めることを義務付けるなどの効力を持っています。
契約内容については複数の方法を選択することが出来るので、細かい契約内容は変わりますが、少なくとも30年の存続期間を設けるなど、何かと不利になりがちな借主が安心して生活したり、資産運用が行えるように考慮しています。

借地借家法は様々な条件が入り混じり、借主と貸主のパワーバランスが簡単に変化してしまうため、その都度バランスを調整するための制度が導入されるなど、現在に至るまで様々な形に変化しています。
当サイトでは借地借家法についての基礎的な情報を掲載しているので、これを足がかりにより深い情報を学んでいってください。